Pocket
LINEで送る



 

Twitterと連携させるためとかなどで、Twitter関連で、アプリケーションを作成することもあるかと思います。

僕の場合ですと、WordTwit Twitter Plugin.を利用するために、ブログのTwitterアプリを作成し、API Keyを取得しています。

ブログを増やす度に、Twitterのアプリを作成していたのですが、そのTwitterのdevelopmentのページが大幅にリニューアルされ、どうやって作成すればよいのか、しばらく悪戦苦闘したので、自分のメモとしても、Twitterアプリの作成法を記しておきます。

Twitterアカウントにログイン

Twitter developmentページへアクセス

Twitter developmentページへのアクセス01

 

Twitter developmentページへのアクセス02

Twitterホーム画面の右横にある[開発者]のリンクをクリック。

Twitter Developers

画面右下の【Manage Your Apps】をクリック。

Twitter Developers02

Application Management画面へ移動

Twitter Application Management

右上の【Create New App】をクリック。

 Twitterアプリケーションの登録

Create an application   Twitter Application Management

 

必須項目

Name アプリケーションの名前
Description アプリケーションの説明
Website

アプリケーションのURL。

ブログ、サイトのアプリケーションを作成する場合なら、ブログ、サイトのURL。

Callback

コールバックURL。

ブログ、サイトのアプリケーションを作成する場合なら、同じくブログ、サイトのURL。

Developer Rules of the Road APIの利用規約

アプリケーションの名前は、何でもいいと思います。

一番適当なのは、ブログ名でしょうか。

アプリケーションの説明も、別になんでも構いません。

コールバックURLを指定しなければ、WordTweetなど、動作してくれません。

規約にチェックを入れて、下の【Create your Twitter application】ボタンをクリック。

「Error

Validation failed: Description is too short (minimum 10 characters)」

のようなエラーメッセージが表われた場合は、Description、つまり、[アプリケーションの説明]の項目の文字数が少なすぎるということ。

「ブログのTwitterアプリケーション」などのような文字を追加するなどしましょう。

また、URLの最後等に半角・全角のスペースが入らないよう注意しましょう。

Twitterアプリケーションの登録法

Twitterアプリケーションの登録に成功すれば、図のようになる。

APIキー、シークレットAPIキーの取得

素敵な暮らしへの道   Twitter Application Management (1)

【Keys and Access Tokens】タブを開くと、

  • Consumer Key (API Key)
  • Consumer Secret (API Secret)

が得られる。

青い四角のAccess Levelが、Read-onlyとなっていますが、Read and Writeに変えてやる必要がある。

正確には知らないのですが、Read-onlyだと、自身のツイートを読み込むだけとなり、「ブログ更新しました。・・・・」などのTweetを書き込むことはできないと思います。

Twitterアプリケーションのパーミッションの変更

横の青字のmodify app permissionsをクリック。

Twitterアプリケーション:パーミッションの変更

【Read and Write】の横のラジオボタンにチェックを入れ、下の【Updating Setting】ボタンをクリック。

余談ですが、

 

Twitterアカウント画面から、設定。

Togusa @Togusa6 さん   Twitter

でてきた画面の左横のアプリ連携をクリックしてみると、

Twitter   設定

 

自身が連携させているTwitterアプリケーションがずらりと出て来ます。

連携されているTwitterアプリ

 

6月から7~8月にかけて、自身のツイート欄に、よく分からないアカウントのTweetがリツイートされる気持ち悪いことが度々起こっていました。

僕は、自身のパスワードが盗まれたのかと思い、変更してみるも、また、変なTweet。

どこがおかしいか、徹底的に設定画面を調べてみてみると、この連携しているTwitterアプリケーションの権限が、上記の【Read and Write】のみではなく、ダイレクトメッセージまで送れる日本の変なアプリケーションを削除したら、以降、変なTweetが自身のアカウントからTweetされるということは、なくなりました。

最初は、乗っ取られたのかと思いましたが、自分のTweetも正常に現れるし、なんか変だなとも思っていました。

該当の変なTweetは、日本のアカウントでありました。
ただ、今見ると、連携しているTwitterアプリケーションの中には、ほかにダイレクトメッセージを送れる権限のもあります。

なので、権限のみで判断するのは難しいですが、

Twitterでアカウント認証って楽ですが、読み込みや書き込みなどを要求するアプリケーションは、慎重に選んで、尚かつ、おかしな現象があれば、設定のアプリ連携を、よく見て下さい。

Saori Yano

 

Pocket
LINEで送る